創作きもの京裳

商品もお直しも
卸価格の着物専門店

取扱いブランド 当店で取扱っている着物・帯・和装小物ブランドの一部です

取扱いブランド

当店で取扱っている着物・帯・和装小物ブランドの一部です。廣瀬雄望作の江戸小紋、帯の捨松、新小石丸の白生地など数多くの逸品をご用意しております。また、留袖や振袖、七五三のお祝い着などもご用意させていただきます。

室町 京正【皇室の方々にも愛される華麗さ、端正さが魅力の手描京友禅の名店】

「室町 京正」の着物は伝統的ながら古さを感じさせず、雅やかな雰囲気と現代風の洗練された感覚を併せ持つ意匠で根強いファンを多く抱えていますが、なかでも皇室の方々の支持を得て日本女性の品格と美を体現するような作品を制作しています。


「室町 京正」は伝統的な技法を守って、もち米を原料とした糊糸目技法で防染をし、緻密に染めを施しています。もち糊は糊置きする職人が、仕事のたびに自分の手の動き具合に合わせて作るもので、この糊の出来不出来が染めの仕上がりを左右するといっても過言ではないほど難しい作業です。


手間がかかっても、効率が悪くても地道に伝統的な技法に固執するのは、それが着物の品質に大きく関わるからです。頑固なまでに古格を守り、卓越した技で染め上げる「室町 京正」の着物は、他の追随を許さぬ気品高き一品です。

室町 京正 ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

藤井絞【こだわりの手仕事、質の高い京都の絞り染の老舗】

大正4年(1915)に創業した「藤井絞」は、京鹿の子絞りの技術・伝統を受け継ぐ、絞り染呉服一筋の数少ないメーカーです。


「藤井絞」の品物は、どれも素材や柄、色にこだわり、絞りが生きるように創意工夫を重ね、世界に1枚の着物を作っています。また、質の高い品物を生み出すため、繭の産地と協働。素材となる繭を育成、生糸を作り、純国産オリジナル生地の生産に取り組んでいます。


より着やすく、絞りに適した生地を求め、試行錯誤しつつも、お客様が安心して求められる品物を提供する事が責任と考えている「藤井絞」。まもなく創業100年を迎えます。

 

藤井絞 ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

野口【270余年の歴史を誇る老舗が生み出す伝統の美意識】

京都が誇る染めの老舗「野口」は、享保18年(1733)に初代 金屋安兵衛が呉服両替商を創業。以来、「金安」の屋号をかかげて、代々手広く呉服業を営んできたのが始まりです。徳川幕府や禁裏の御用を承ったこともある呉服の名店としてその名を知られています。


「野口」の意匠の基盤になっているのは、代々の当主が集めた貴重な古裂や時代衣裳、実際に使用されてきた昔の雛形本や絵摺帳などの収集品。その為、「野口」の京友禅は端正で瀟洒、遠い時代の小袖を彷彿させる典雅なものばかり。


歴史の重みを持つ京友禅の作り手の中でも、その洗練されたお洒落な作風は群を抜いていて、匠の技を究めた職人を擁する老舗「野口」ならではの、色彩の華やかさや絵画性の高さが特徴です。


「野口」の作る京呉服の伝統は日本の伝統文化を牽引してきた「京の町衆」の美意識そのものといっても過言ではありません。

 

↑このページのはじめに戻ります

菱一【着物通に幅広く愛されるオリジナル着物を企画・製作する呉服問屋】

日本全国の着物や帯を広く扱う「菱一」は、東京を代表する呉服問屋です。呉服業界で「神田の問屋」といえば「菱一」を指すといわれるほどの規模を誇ります。


戦前の「菱一」は東京の花柳界で着用される衣裳を数多く手掛け、その色や柄をアレンジして一般の女性にも似合う着物を作ることを得意とし、戦後その社風を受け継ぎ「きものを創る」をモットーに、時代を先取りするオリジナル染織品や江戸の粋と洗練された感覚を生かした作品を多数製作。


「菱一」は「フォーマルな場にはきちんとした装いを、それ以外の場では楽しめるものを。また、着る人の立場に立ってお客様が今何を求めているか、次に何を求めようとしているのか」を常に意識した商品作りを心掛け、企画・製作を行っています。お洒落提案を含めオリジナリティを表現する事が出来る優れた創作力と呉服和装界をリードしている意識の高さが「菱一」の魅力といえます。

 

菱一 ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

伊と幸【国産繭ブランド、「日本の絹」にこだわる白生地の老舗】

昭和6年(1931)の創立以来、「伊と幸」は、図案・製織・精練・仕上げに至るまで、一貫して独自の手法で作り出した品のみを取り扱っています。特に白生地の使用目的に応じて、最適な素材を選別し、「伊と幸」指定の国内工場で織り上げた「日本の絹」にこだわってきました。この姿勢が、繭~白生地までの一貫した厳しい品質管理により「松岡姫」という統一ブランドを日本で初めて誕生させたのです。


「松岡姫」を誕生させたのに続き、古来の貴重な蚕種「又昔」を復元し改良した「上州絹星」の糸から、光沢の美しい白生地「又昔」を生み出しました。「又昔」は、「小石丸」や「松岡姫」に並ぶ日本古来の優良品種で、類例のないほどの光沢を誇っています。


常に親切、安心のブランドを心掛ける「伊と幸」が責任をもって取り扱う白生地の数々。中でも気品の高い光沢を放つ「又昔」の色無地、羽衣のような軽さの「松岡姫」で誂える長襦袢は、美しさと着心地にこだわる着物通に選ばれています。

 

伊と幸 ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

紬のふくはら【南国の自然が育んだ伝統の大島紬】

奄美大島で生まれた本場奄美大島紬。「紬のふくはら」のルーツは奄美大島諸島のひとつであるのどかな離島、喜界島です。戦後、鹿児島市に移り製造の拠点としました。


「産地のにおいを売場に 売場の声を産地に」がモットーの「紬のふくはら」の大島紬は、シンプルさが身上です。帯を邪魔しない、着る人よりも出しゃばらない、コーディネイトを邪魔しない…柄を出来るだけ除き色使いは単色に。糸は、真綿糸やリング糸の遊びも。縞に格子、蚊絣、雪輪、麻型、亀甲…


いわゆる昔からある「織物の柄」が基本です。それは着る人を引き立てるため…帯を引き立てるため…そんな大島紬でありたいと「紬のふくはら」は考えます

 

紬のふくはら ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

織楽浅野【モダンなデザインと配色が現代感覚の装いを演出する織屋】

「織楽浅野」はシンプルで存在感のある帯に素材感を重視した洗練された着物をコーディネートした、現代にふさわしい装いを提案しています。また、ジャンルにとらわれることなく、古今東西、様々なモチーフをさりげなく現代感覚でまとめている作風にも定評があります。


日本の美意識を織物の持つ素材感や奥行きの表現として捉え、控えめながらも魅力ある着物と帯との生み出すあやを大切にしている「織楽浅野」。常に着る人を意識した美しいスタイルを提案し続けています。

 

織楽浅野 ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

服部織物【金箔技術の粋を集めた帯一筋に200有余年の老舗】

初代・服部勘兵衛が「塩野屋」の屋号を掲げ西陣で織物業を始めたのは天明年間。それから230年余り、匠の技と精神を受け継ぎ、手作りの帯を作り続けてきたのが「服部織物」です。


金銀や色箔を織り込んだ「手織こはく錦袋帯」をはじめ様々な種類の高級帯を生み出し他の追随を許さない高品質な帯メーカーです。また、機械生産が主流の帯業界において「服部織物」が頑ななまでに手織りにこだわるのは絹糸の命を生かした最高峰の品質をキープする為。


磨き抜かれたセンスと伝承の技を2世紀以上にわたって伝えてきた功績が認められ昭和44年には京都府より「老舗」の称号を、昭和57年には京都商工会議所より顕彰など数々の栄誉に輝いています。

 

服部織物 ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

枡屋高尾【ねん金綴錦の復元に成功した織物工房】

「枡屋高尾」は、金箔を糸に絡めて織られる華やかな「ねん金綴錦」、純国産の美しい糸を用いた天平の香り漂う「天平綾錦」、オリエントの情緒がうかがえる「渡来錦」など、それぞれに特徴のある帯やきものを創作しています。


昭和53年、ある染織研究家を通じ、名古屋の徳川美術館から「ねん金の復元を作って欲しい」との依頼がありました。ねん金は徳川美術館の目録にあり、中国・明時代のものとされ徳川家康から尾張徳川家に引き継がれた由緒ある品の一つとされています。特に珍品とされたのが復元を依頼された無地ねん金の袱紗でした。


ねん金は金箔を糸に巻き付けて撚り金糸にするもので日本ではあまり行われなかったそうですが、高尾氏がこの裂地の復元に挑戦した結果、昭和54年、見事に成功しました。


ねん金を用いた作品は豪華絢爛という印象がありますが、実際はしっとりとした落ち着きが感じられます。

 

枡屋高尾 ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

織屋にしむら【創業140余年が誇る上質の博多帯を伝え続ける匠の技】

「織屋にしむら」は、文久元年博多織屋として創業して以来、現在まで伝統的な博多織、博多帯を織り続けています。


博多帯は熟練した職人の技が生み出す美しい表情に特徴があります。経糸に太い緯糸をしっかり打ち込む作業。博多帯の中でも人気の「平地織り」は特に打ち込む力強さと経験が要求されます。こうして織り上がった帯は美しい光沢があり、さらに締める時にキュキュッと衣擦れの鳴き音をたてます。この絹と絹が擦れ合って出る音が「絹鳴り」です。


当店では「織屋にしむら」ならではのお出かけシーンに合わせた博多帯を、手に取りその贅沢な感触を肌で感じお選びいただくことができます。

 

織屋にしむら ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

和想庵 襟の衿秀

昭和31年に開業した「衿秀」は、半衿、帯揚げ、帯〆のほか、様々な和装小物を扱うメーカーです。国産、自主生産にこだわることで、高い品質を維持しながらオリジナリティに富んだ商品を提供しています。


特に昭和45年(1970)に開発した「ローズカラー」は、長襦袢の衿の部分と身頃にファスナーを付けて着脱可能にし、半衿を付けたまま衿部分だけを本体から外して洗えるという優れもの。


「衿秀」は、半衿作りで培ってきた技を草履や鼻緒、バッグにも応用して好評を得ています。幅広の鼻緒に染めや刺繍を施した「夢花緒」は職人が履く人の足に合わせて、一足一足仕上げています。


また、熱や摩擦に強いホースヘアを緯糸に織り込んだ上品な「貴婦人ホースヘアバッグ」は、フォーマルな着物によく似合うだけでなく、洋装でも活躍。同柄の鼻緒と組み合わせればワンランク上のおしゃれを演出できます。

 

和想庵 襟の衿秀 ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

岡重【京友禅の技術を駆使して製作される本格派和装小物】

「岡重」は、安政2年(1855)、京都に創業しました。「もの言わぬものに、もの言わすモノづくり」をモットーに常にお客様に感動を与えるモノづくりをしたいと考えている「岡重」


「岡重」が製作する手描京友禅バッグは一品ずつ手作りされますので、同じ品は世界に二つと存在しない、逸品と呼ぶに相応しいバッグです。


時代を越えた日本の伝統美が現代のスタイルに見事に調和した、逸品を是非お楽しみ下さい。

 

岡重 ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

三勝【江戸の技、江戸の粋を受け継ぐ100余年の老舗】

「三勝」は、明治27年(1894)に創業しました。
「勝(すぐ)れた生地に 卓越な勝(すぐ)れた意匠を 他に勝(まさ)る技法で染め上げる」
3つの『勝』を誠実に貫き、自らを厳しく律し、高品質の製品をお届けする。この創業の志を社名とし、三勝株式会社と名付けました。


化学染料や新しい染色技法・注染など、合理的に着物を作ることが流行した時代に三勝は時代に妥協せず、「諸々の技法は一日にして成らず 祖神達の徳恵なり」と、今も生地と全てが手作業による江戸からの染色技法・長板中形にこだわった浴衣作りを続けています。

 

三勝 ホームページ

  ↑このページのはじめに戻ります

きもの再生館

特定商取引法・取扱いブランド

最新情報はこちら!
下記【Facebookページ】から
ご覧頂けます

Facebook Like 創作きもの京裳Twitter